今日は何色

にじ丸の自分探しと成長の日々

【食品表示法】変更点まとめ。2020年3月31日までに何が変わる?

スポンサードリンク


ピックアップ記事▼はてなブログにサーチコンソール(Google Search Console)を設定してサイトマップを送信する方法

f:id:nizimaru-rainbow:20180426141702j:plain

にじ丸です。 

昨日糖質について書きましたが、糖質について調べていたら、どうやら2020年から食品表示法が変わるそうですね。

食品表示とは、加工食品を購入するとパッケージに記載されているあれです。 

どなたでも目にしたことはあると思いますが、色々表示されてても、気にして見るのはカロリーくらい、という方も多いのではないでしょうか。

しかしこの新しくなる表示法を活用すれば、私たちの健康管理に役立つというメリットもありそうです。

というわけで今回は、2020年3月31日を目処にちょうど今変更途中である食品表示法についてまとめます。

食品表示法とは

もともと食品にまつわる法律は「食品衛生法」・「JAS法」・「健康増進法」という3つの法律でそれぞれ定められていました。

  • 食品衛生法…食の安全の確保(添加物、アレルギー)などに関する法
  • JAS法…品質(原材料、原産地、内容量)などに関する法
  • 健康増進法…栄養表示などに関する法 

それらの内容を、消費者がより分かりやすい表示になることを目指して作られたのが食品表示法で、2015年4月に施行されました。

2020年4月1日に施行される食品表示法の、これまでとの変更点

栄養表示の義務化

これまで企業の任意により行われていた以下の5つの栄養表示が義務付けられます。

  • エネルギー
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ナトリウム

食塩相当量の表示義務

表示義務のある5つの栄養のうち、ナトリウムについては食塩相当量も表示をするように決められました。

塩分の摂りすぎは健康とも大きく関わってきます。日本人の健康政策として減塩が叫ばれるなか、医師や栄養士からの希望もあって実現しました。

塩分量を知るためにはナトリウムから計算出来ないことはないのですが、結構これが厄介なんですね。

<食塩量の算出方法>

ナトリウム(mg)×2.54÷1000 

食塩相当量を知りたい人は毎回この計算をしなくてはいけなかったので、なかなか大変だったわけです。

飽和脂肪酸と食物繊維が表示推奨項目に

こちらは、表示の義務はないけれど表示するのが望ましいという項目。将来的には義務化を目指しているとのことです。

飽和脂肪酸は、動物性の脂肪に多く含まれるもの。取りすぎは悪玉コレステロール(LDL)の増加につながり、動脈硬化を促進してしまうことで知られていますね。 

食物繊維はお通じのためにもなるべく積極的に摂りたいものですが、糖質量を求める際にも食物繊維量が分かっていると便利かと。(糖質=炭水化物-食物繊維なので)

表示が免除されるパターンも結構ある

法律で栄養表示が義務付けらているとはいえ、表示しなくてもよい場合が結構あります。 

例えば外食などの対面販売はそもそも食品表示の適用外ですし、スーパーのバックヤードで作られた惣菜をその場で詰めて弁当として販売する場合などは表示が免除されます。

その他にも容器包装の表示可能面積によっては表示が免除される場合が。

まとめ。食品表示法で2020年4月までに改変になるのはおもに栄養表示の義務。法の概要を知ってかしこく生活に取り入れたい 

2020年4月からは食品表示における栄養表示が義務付けられることが分かりました。とくに、塩分相当量も義務化になるということが大きいのではないでしょうか。 

今まで糖分(砂糖)の取りすぎは気にすることはあっても、塩分については全くノーマークだった私。 

せっかくこのように食品表示が改定されるので、これを活用しない手はありません。

健康のためにも自分に適正な塩分の量を知って摂りすぎないようにしたいものです。