今日は何色

にじ丸の自分探しと成長の日々

ライン(LINE)の使い方【裏ワザ】1人グループトークがメモアプリより便利

スポンサードリンク


ピックアップ記事▼はてなブログにサーチコンソール(Google Search Console)を設定してサイトマップを送信する方法

f:id:nizimaru-rainbow:20181016192318j:plain

f:id:nizimaru-rainbow:20181007200738p:plain

スマホの使い道はもっぱらLINEな女子「ラインの便利な使い方が知りたい。最低限使いこなしてるけど、知らない裏技とかあったりするのかな?」

こんな方に、とっておきの情報をお伝えします。

LINE(ライン)って、自分一人でグループ作れるってご存知でしょうか? ついこの間これを知った私は、軽くテンション上がってしまいました。

自分一人だけのグループを作れば、自分で自分にトークが送れます。つまりこれ、メモがわりにLINE(ライン)が使えるということ。これがすごく便利なんですよね。

「スマホで簡単にメモとる方法ってないのかな〜?」と、良いメモアプリを探してたっていう方にもうってつけなのではないかと。

これを読めば分かること

この記事は以下のことが分かるようになっています。

・LINEをメモがわりに使う方法
・名付けて〝LINE de 自分メモ〟。おすすめの使い方

それではいってみましょう。

LINE(ライン)をメモがわりに使う方法

f:id:nizimaru-rainbow:20181016192429j:plain

自分一人だけのグループを作る

まずLINE機能の「グループ作成」で自分一人のグループを作ります。

友達一覧のグループ欄の一番上に、「グループ作成 友だちとグループを作成します」とあるのでそこをタップします。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018132947p:plain

次の画面で「グループ作成」となり、友だち一覧からグループに追加する友だちを選択できるようになりますが、ここで誰も選択せず、「次へ」で進みます。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018125653p:plain

次の画面ではグループ名の入力をします。グループメンバーとして、自分のアイコンが出ているはずです。この画面でプラスマークからメンバーを追加することも可能ですが、もちろん今回はしません。「完了」をタップします。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018125700j:plain

これでLINEグループ作成完了です。下記画面の状態で壁紙など編集できますが、このままでよければ左上の×印で画面を閉じます。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018125657p:plain

お疲れ様でした!これで友だち画面のグループの欄に、今作成したグループが追加になっているかと思います。

思いつくまま気の向くままに、トークルームに書き込む

無事お一人様グループが完成したら、あとはもう説明は必要ないかと思いますがとにかく好きなようにトークするだけです。

自分が書き込むだけのグループなので、もちろん誰にも見られることはないですし気兼ねなんて必要ありません。

トークルームをピン留めで常に上位表示させておく

これは結構重要でして、何もしないでおくとどんどん他の最新トークが上に来て、下へ下へ追いやられてしまいます。

LINEを開いたときに、自分用メモは常に目につくところに置いておきたいので、トークルームをピン留めしておきます。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018132843p:plain

やり方は簡単で、トークのリストに表示されている「自分用メモ」の、左端から画面をスライドさせるとピンのマークが出て来ますのでそこをタップするだけです。

画像は、すでにピン留めしている状態でスライドしたもの。この場合は逆に「ピン留めを解除」できます。

名付けて〝LINE de 自分メモ〟。おすすめの使い方

f:id:nizimaru-rainbow:20180426141702j:plain

自分専用のトークルームはできたけど今いち使い道がピンとこない…という方もいるかもしれませんので、おすすめの使い方をご紹介します。

とその前に、私のある日のメモはこんな感じ。

f:id:nizimaru-rainbow:20181018132910p:plain

メモった内容は大きく分けると以下の通り。

家事&買い物メモ

その日やろうと思ってる家事や忘れてはいけない用事、買い物などをメモ。ちなみに「郵便局」というのは荷物を出す用事、「銀行」というのはお金を下ろしに行く用事のことですが、単語だけでも自分が何の用事のことか分かるからOKです。

気になるURLを貼り付け

PC閲覧中に見つけた気になるサイトをメモ。人に教えてもらったサイトや、雑誌からひろったURLなどもとりあえずLINEにメモっておけば時間があるときにあとでゆっくり見られます。

お気に入りの写真を貼り付け

スマホ閲覧中にたまたま気になってスクショしたものをメモとして貼り付け。スマホで撮影したお気に入りの写真を貼り付けておいたりしてもよいですよね。(画像フォルダの中だと埋もれちゃったり探すの大変なので)

プチ日記

これは上記私のある日のメモの中にはありませんが、自分がその日感じたこととか体調をプチ日記的につぶやいておいても良いかなと思います。

LINEをメモがわりに使うデメリット

デメリットとしては、当たり前ですがトークが順番に積み重なっていくだけなので、「メモをカテゴリー分けができない」ということがあります。

しかし、たとえば買い物と家事(用事)であれば、主婦の私にとってはすべてひっくるめてやることなので、混ざっても特に気になりません。

トークのボリュームにもよるかとは思います。あんまり項目(トーク数)が多いと画面スクロールの必要性も出て来ますし。大事な用事には頭に★を付けるなど工夫が必要かも。

まだまだ私も使い込んでいないので想定外の事態が発生したり「やっぱ使いにくい!」となるかもしれませんが、今のところ快調です。

おわりに:LINEでメモはメモアプリよりも便利

これまでこのようなちょっとしたメモはiphoneの「メモ」アプリにしていましたが、上記で紹介したような使い道なら、だんぜんLINEのほうが使いやすいと思いました。

普段良く使うLINEなので(というかスマホの使い道としてはほとんどLINEなだけくらい)、アクセスがしやすいですしとっつきやすい。思いついたらいつでもその場で書ける。気軽にメモれます。

メモを小さな紙や付箋に書いて持ち歩いたりもしてたのですが、これなら紙をなくしたり、こまごました紙がバッグの中にごちゃごちゃしたりするストレスも無くなりそうです。

というわけで今回はこれでおしまいです。