今日は何色

にじ丸の自分探しと成長の日々

生理前の不調(PMS)。おもにメンタル面の乗り切り方

スポンサードリンク


ピックアップ記事▼はてなブログにサーチコンソール(Google Search Console)を設定してサイトマップを送信する方法

f:id:nizimaru-rainbow:20180426143557j:plain

どうも、にじ丸です。

先日、自分の中のメンタルの浮き沈みをはっきりと自覚したことがありました。 

もともとポジティブというよりはネガティブ思考な私。(その割に図太いとも言われる)それにしたって、何か明らかに沈み方がおかしいのです…なぜ??

そうです、生理前だったんです。

生理前は体調面の不調はもちろんですが、それよりもメンタル面の不調に困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回は、生理前の症状(PMS)でおもにメンタル面の乗り切り方について、私が行き着いた答えを書きます。

生理前の不調(PMS)、私の場合

私の場合、生理前はお腹が張って苦しかったり頭が痛かったり、肩こりがひどくなったり下半身がだるかったりと、色々と体の不調もありますが、体調面よりもメンタル面のほうにいつも悩まされることが多いです。

あることなすことマイナスに捉え、

  • どうせ自分だから
  • みんなは自分のこときっとこう思ってる
  • 噂されてるかも!?

などという思いに囚われて落ち込む。
ちょっとしたことに感情移入して、大泣きする。

そして強烈な眠気!!頭もうまく回らなくなってまあ大変。

こんな状態なのでさらに、

  • 人と関わるのが億劫
  • 話したくない 

…となる。こんな感じです。

誰とも一切関わらず家の中にずーっと引きこもっていられるなら良いですが、家族も仕事もある立場ではそれはどうしたって無理な話なので、ほとほと困ってしまいます。

以前は生理前の症状だと気付かなかった

実はこれまで長いこと、時折訪れるこのようなメンタルの不調が、生理前に関係している…PMSだとは気づいてませんでした。

生理のタイミングをきちんと毎月意識していなかったということもありますが、もともとネガティブ思考なので落ち込む頻度も高く、しょっちゅう落ち込んでいるからかもしれません(笑) 

この歳になってようやく最近、明らかに落ち込み方がおかしいのは生理前だからだ!と気づけるようになってきました。

生理前のメンタル不調(PMS)はこう乗り切る!

その1。落ち込んでいる自分を許してあげる

答えになっていないと思われるかもしれませんが、まずはこれです。自分を許す。
落ち込むのが生理前だからだと何となく分かるようになってきてからも、以前はメンタル不調を迎えたらただひたすらネガティブ思考に流されてしまっていました。 

けれど最近は、例えば「自分はダメなやつ」という感情に支配されたとしたら、「ちょっと待って。これ今生理前の感情だから。生理前だからそう思うだけだから」と自分に言い聞かせるようにしてます。

PMSの期間中だらだらと自分で自分が嫌になるのを少しでも防止するためです。自分に今の状況を「認知させる」ってことが大切なのかなと。

そうはいっても、渦中にいるとなかなか難しいんですけどね。

その2。大事な決断はしない(時期をずらす)

生理前は頭がうまく回らないので決断力も鈍っていると感じます。今日の献立とかそんな小さなことでさえも、なかなか決められないんですよね。 

判断力も鈍っているので、この時期決断ごとはあまりしないほうが無難かと。新しく何かを始めるとか、何かの契約とか、特に大事な決断ですね。(実は以前失敗して痛い目を見たことが…) 

大事な決断ごとといっても人によって程度の差があるかもしれませんが、私の場合は断捨離とかもそうです。この時期に無理にしてしまうと、捨ててしまった後で後悔するかもしれません。

その3。仕事や家事は出来ることしかしない

以前は何事もうまくこなせないのは自分に気合が足りない・怠けているからだと思っていましたが、「この時期は仕方がない」と割り切るように。 

出来ることだけやってれば良いんです。いっそのこと後回しにできるものは極力後回しにして、この時期はやらない。

うまくこなせないのに悪あがきして無理にやろうとするよりも、PMSの症状が落ち着いてからパパッとやったほうが効率が良いはずです。 

まとめ。生理前は割り切ってジタバタしない

ようやくこの歳になって、自分の女性としてのバイオリズムとの付き合い方に、上手に折り合いをつけることを考えるようになりました。 

生理前のメンタル不調で落ち込むのは仕方のないこと。そう割り切って、生理前くらいは自分を甘やかしてゆったり過ごそうと思います。